禁煙方法/もう挫折の心配は不要、無理なく取り組みましょう

禁煙方法/禁断症状が出にくいのでストレスフリーで挑戦できます

禁煙方法

 

 絶対成功する禁煙方法、あったら試してみたくないですか?ご自身がヘビースモーカーだからと

 

諦める必要はありません。分煙・喫煙ルームの設備が整った事で喫煙者も非喫煙者も快適に

 

過ごせるようになりましたが、当サイトは自分の身体の為にも煙草をやめたい・本数を減らしたいと

 

真剣に考える方の強い味方でありたいと考えてます。まず、成功に至る為の方法を述べて行きます。

 

まず、最初にタバコを止められないのは、意志が弱いからと自分を責めたり吸ってしまった事に対して人から無理やり勧められたから吸ったんだ!等の言い訳するのを、やめてみて下さい。

 

そして、タバコの、ある種、怖い点を今一度、認識してみて下さい。まず、口から入ってきた煙草の害は歯を黄ばませたり歯周病を急激に悪化させて歯槽膿漏等を起こしやすくなってます。

 

歯槽膿漏は知ってのとおりで、歯を失う確率が非常に高くなってます。次いで肺がんのリスクが非喫煙者より格段に高くなります。健康診断だけはちゃんと受けてるから大丈夫!という考えは危険です。

 

 

実は肺がんは検診で非常に発見されにくい癌の一つだそうです。こんな感じで怖い事から述べさせていただきましたが。怖い・厄介な点を認識しましたら、いよいよ禁煙に取り組んでみましょう。

 

矛盾した事を言うようですが、禁煙に失敗しても気にしないで下さい。

 

禁煙スタート日は、ストレスフリーな日に設定しましょう。大事な会議・守らないとならない納期の日等に禁煙スタート日を設定するのは避けましょう。初日から失敗してしまう可能性が大です。

 

いよいよ、準備が整いましたら、目標に向けて始動開始です。頑張りましょう。

 

禁煙メリット

 

 今回は禁煙する事のメリットを体験談等を含めて述べて行きたいと思います。お付き合いください。

 

まず、禁煙する事で、それまで負担の掛かってた箇所の負担が減るので楽になっていきますね。

 

特に喫煙者の殆どの方が感じてる肺の衰えが回復してきます。歯の黄ばみ・歯周の疾患は歯科医で

 

治療をしないと改善には至りませんが、顕著にまず、回復してくるのは肺の機能ではないでしょうか。

 

実際、禁煙した人の大判が咳・痰が改善して、息切れを起こしにくく成った事を実感してます。

 

禁煙する事で肺活量等、凡そ30%が回復するとされてます。嫌な痰を絡んだ咳や息切れから

 

 

あなたも解放されてみませんか?また、肌のハリ・艶を取り戻したと実感する人が多いですね。

 

血流が阻害されて唇の色も冴えなかったけど、艶やかな健康的な色に戻ったという声も多いですね。

 

あとは、家の中が汚れなくて済むとか、タバコの分のお小遣いが浮いて他に回せるようになったと言う

 

メリットを感じる人が多いようですね。肉体的にも経済的にも禁煙は良い事が多いようですね。

 

禁断症状を、あの手この手で乗り切り禁煙を成功させましょう。仮に一人で乗り切れなくても

 

大丈夫です。あなたの禁煙をサポートする禁煙グッズが豊富にあります。ストレスが掛かると

 

禁煙に失敗する確率が高くなってしまいますので、別のストレス解消法を見付けながら

 

上手に禁煙に取り組んで、健康を取り戻しましょう。

 

禁煙のメリットを自分も実感したい!自分も禁煙を頑張りたいと考える方は参考にして下さい

 

禁煙眠気対策

 

 いざ禁煙に取り組み始め、辛い事が沢山ある事と思います。その中でも多くの人が挙げてた、辛い点は禁煙中の猛烈な眠気でした。

 

確かに辛いですよね、所構わず襲ってくる眠気って。仕事中だったり、運転中だったり、物事の集中力を削ぐ眠気って厄介ですよね。

 

 

折角、覚悟と強い意志で始めた禁煙です。眠気で挫折してしまわないように、取り組みたいですね。という訳で
禁煙時の眠気対策について述べて行きたいと思います。

 

まず、可能であれば20分〜30分程度の仮眠を取りましょう。(長く寝すぎるのは避けましょう)長く寝すぎてしまうと禁煙で一時的に乱れてる自律神経が更に乱れてしまいます。アラーム等掛けて、短い仮眠を心がけましょう。

 

カフェインを摂取するのも良いでしょう。またはガムを噛んでみる、人と話してみる。と言った方法も有効的ですね。

 

あとは、その場しのぎの対策ではなく、日頃から適度な運動を心がけ、実施するのが一番ですね。

 

毎日適度な運動をする事で自律神経の乱れを起こしにくくしてくれます。

 

そして、自律神経を最も整えてくれる夜10時から深夜2時の間は寝るように心掛けたいですね。

 

しかし、なぜ禁煙の期間、このような強い眠気が起きてしまうのでしょう。対策も然ることながらメカニズムを把握しておくのも大事ですね。

 

簡潔に言いますと、上記でも少し触れましたが、喫煙中に脳を支配してたニコチンが禁煙により、突然無くなった事で自律神経が正しく、作用できなくなる為です。

 

ただ、この現象に甘んじて禁煙を破るのは好ましくありませんね。物事、何でもそうですが投げ出さない事が大事ですね。

 

禁煙中の眠気対策も確立されてます。安心して禁煙に取り組みましょう

 

禁煙自律神経

 

 禁煙時のあの何とも言えない不調。嫌な物ですよね、これで早々に挫折して私も何回投げ出したことか。

 

そもそも、身体に良い事してるはずなのに、あの不調は一対どんな意味があるのでしょう。禁煙に挑戦してる人を嘲笑うような、あの不調。ちょっと、正体を知りたくなり、調べてみました。禁煙時に起こる、あの鬱に似た症状。

 

これ、実は禁煙で自律神経が乱れ、いわゆる失調症によく似た状態になってます。(重度ではありませんが)

 

自律神経とは因みに消化・体温・代謝・循環・呼吸等の機能を制御する神経ですね。これは「交感神経」と「副交感神経」がバランスを保ってる事で成り立っています。自律神経失調症とは、読んで字の如く、何らかの理由でバランスを保てなくなり様々な不調を引き起こしてしまいます。精神的な面で言うならイライラ・情緒不安定・ホルモンも崩れやすくなり、生理が乱れる事もあります。

 

 

そして禁煙中にトライしてる際、経験した方が多いのではないでしょうか。突然の眠気・倦怠感・頭痛・吐き気・めまい・血圧が安定しない。度を越して低くなりすぎたり上がり過ぎたり・・・・・・。と言った症状が現れます。

 

しかし、本来、成長期のホルモンバランスの変調、又はストレスが原因で起こりやすいとされてる自律神経失調症。いくら禁煙のストレスが有るからと、ちょっと症状の出方が異常な気もしますが。煙草と自律神経の関係を紐解いてみましょう。

 

これ、実は煙草に含まれるニコチンが関係してるんです。脳に行き渡ったニコチンは「アセチルコリン」という神経伝達物質を出して副交感神経を刺激してリラックスを演出していたわけですが。(正真正銘のリラックスでは無く、紛いモノですが)

 

それが突然の禁煙により、ニコチンは当然入って来ませんのでニコチンの働きで「アセチルコリン」を出して副交感神経を働かせてたのに、ニコチンを絶つ事で、この働きが成り立たなくなります。で、副交感神経が働かなくなり、リラックスを得られない事態になり、そう長い時間を掛けずに交感神経と副交感神経なバランスを崩します。これが禁煙時の不調の正体です。

 

禁煙で自律神経が乱れても対策は有ります、無理をしない「禁煙」を維持しましょう

 

禁煙女性ホルモン

 

 喫煙はまさに百害あって一利無しと言われますが、まさに女性にとっても、それは言える事です。

 

強く禁煙を勧めたいです。喫煙は女性ホルモンに様々な悪影響を及ぼします。ご存知ですか?喫煙や副流煙を吸い込むことで女性ホルモンが分解されてしまいます。

 

つまり、妊娠・出産に欠かせない女性ホルモンが直に悪影響を受けてしまう事で、更年期が非喫煙者よりもずっと早く来てしまったり、排卵が無い生理が来てしまったりする事が有ります。心当たりのある女性の皆さん。禁煙して女性ホルモンを安定させましょう。

 

毎月、定期的に生理が来てるからと油断していては危険です。その生理「無排卵月経」になってる可能性もあります。過度の喫煙・極度のストレス等、心当たりが有る場合は一つずつ、その要素を消去するように心掛けましょう。

 

あとは、男女共通ではあるのですが、歯と歯茎の健康を損ないます、また喫煙により食道がん・咽頭がん・肺がん・胃がん等、発がんのリスクが高くなります。性別問わず発がん率が高くなるのに加え女性は、上記で挙げたように喫煙によって、より多くのリスクを背負ってしまう訳です。

 

いずれ妊娠を希望するのであれば早い時期に禁煙を真剣に考えて頂きたいと思います。妊婦さんの喫煙は早産・流産等、赤ちゃんの安全と健康を損ないます。

 

 

また元気で生まれてきてくれた赤ちゃんの突然死を招くことも、しばしばあるそうです。

 

ある調査では、喫煙者の居る家庭では、非喫煙者の家庭の実に10倍の確率でSIDS(乳幼児突然死症候群)が報告されてるとしてます。

 

将来迎える赤ちゃんの為に、そして自分自身と、周囲の人間の健康の為に、今こそ真剣に禁煙を考え、取り組んでいただきたいと思います。

 

将来迎える赤ちゃんの為・周りと自分の健康の為、本気で禁煙したい方は成功する方法を学びましょう

 

禁煙方法未成年

 

 禁煙方法を本気で知りたいと思う未成年が居る事を皆さんご存知でしょうか。本来、未成年が喫煙して良い筈ないのに、何故禁煙方法を未成年が知る必要があるのかと不快感を露わにする人も居るかもしれませんが。

 

未成年の喫煙を擁護するわけではないのですが、未成年に安易に煙草と言うものを広げてしまってる我々大人にも重大な責任が有る気がします。そして、意外と言いますかなんというべきか、未成年者たちは喫煙しながらも、それが如何に身体に毒なのか理解してます。

 

様々な理由で吸い始めてしまい、色んな葛藤を抱え何とか禁煙したいと、行動に移ろうとしている。

 

けれど未成年が強い意志を持って禁煙外来を受診しても保険適応外なんですよね。これって非常に立ち直りを妨げる行為だと思います。

 

何故、禁煙したい未成年が禁煙外来を受診しようとすると保険適応外で高額請求が発生するのか。何故大人は保険が適応されて未成年はダメなのか。大人が安易に煙草を広めておいて、誘惑に負けて吸って、いざ止めたい未成年の援助は一切しない!と言うのは、どう考えても正しくない様に思えて仕方ないのですが。

 

 

或いはバイト位はしてるかもしれませんが、大判が学業に専念してて、収入だって、それほど有ると考え難いですよね。早い時期に止めさせた方が良いと唱える一方で、本人の止めたい気持ちに応える体制が全く整ってないのが現状ですね。しかも禁煙外来っていうのは一回こっきりの通院では済まないんですよね。

 

と言いつつ、私も、どこにでもいる何の権力も持たない一般市民です。結局何一つ変えられない大人の一人。それでも、何とか禁煙方法を未成年に伝えたい。禁煙を諦めないでほしい。そう強く願います。なので私から微力ながら・・・・・。下記をご覧下さい。

 

禁煙を本気で考えた時、初めて禁煙を成功させることができるのではないでしょうか

 

禁煙方法女性

 

 禁煙方法は女性も男性も、そう劇的に変わったものでも無いとは思いますが、今回は女性の目線で禁煙を見て行きたいと思います。煙草への依存って男女とも、相応に強く出てしまうのですが、実は女性の方が、より強く煙草に依存してしまう傾向にあります。

 

徐々に有効的な禁煙方法が広まり、また煙草の値上げも助け、喫煙者が少しずつ減っていく中で、どういった原因で女性は禁煙に失敗してしまうのでしょう。因みに禁煙の心得は男女とも、そう大きく変わるものでは有りません。

 

まず、やめる事に対しての不安を払拭する。数え上げるとキリが有りませんが、煙草をやめることで太るのではないか・ストレス発散法が無くなる・食後の一服の楽しみが無くなる等。喫煙を続ける為の言い訳を必死に探してしまってませんか?そんな時は思い切って止めた後のメリットを探しましょう。

 

今は、タバコを止めた自分を想像できないかもしれません。でも、禁煙のメリットは容易に想像できますよね。タバコを始める前の自分を思い出すだけで良いのですから。肌の調子は如何でしたか?歯と歯茎の状態は勿論今より健康的だったはずですね。

 

1点誤解してる方も多いかもしれませので述べておきたい事が有ります。ストレス発散の為に吸ってる!と
お考えの方も多いと思いますが、これ、実は逆なんです。

 

 

正しくはニコチンが切れてイライラしてくる。ストレスを感じる。煙草を吸う。落ち着いてストレス発散と感じるの順であり、喫煙は根本的なストレス発散に繋がってません。知らない間に終わらないループにはまってしまうのが煙草の怖い所ですね。

 

そもそもニコチンを脳に教え込まなければ他のストレス発散法で難なく乗り切れてます。

 

ループから抜け出す為にも禁煙、一緒にがんばりましょう。ポイントはご褒美を用意しておくことです。

 

禁煙方法は女性も男性も変わりません、言い訳のループから抜け出して、禁煙のメリットを体感しましょう

 
ホーム RSS購読 サイトマップ